こんな方に最適です!

こんな方に最適です!こんな方に最適です!

脳梗塞・脳出血など脳卒中の後遺症にお悩みの方、計画的なリハビリで、早く仕事に復帰したい方、首・肩・腰・膝痛を取り除き、スポーツや趣味、旅行を楽しみたい方、病院や施設での入院リハビリ後もリハビリを継続したい方、自分の目標に合わせたマンツーマンのリハビリを受けたい方、疾病・疾患の再発、転倒や骨折を予防したい方

リハビリに100%はありません。
しかし、可能性を最大限に切り拓けます。

リハビリは病気やケガによって生じてしまった身体機能の障がいを、理学療法士や作業療法士によるアプローチ、運動によるトレーニングなどで改善させ、回復を目指すケアサービスです。その効果は疾病・疾患の部位や度合い、後遺症として残った障がいのレベルなどによって異なります。

たとえば、骨折の治療中に弱まった筋肉は、ストレッチなどで解きほぐし、運動によって強化していくことで、健康だったときの状態を取り戻すことが可能です。その一方で、脳や脊髄などにダメージが生じている場合や、身体機能障がいをもたらす難病をお持ちの場合などは、お客様が真剣にリハビリに取り組み、療法士やトレーナーが懸命にサポートしても、何らかの障がいが固定化してしまう可能性があります。

そのため、すべての身体機能障がいに対して100%の回復を約束することはできません。しかし、お客様の身体が持つ可能性を、最大限に切り拓くことは可能です。

 

地道なリハビリと運動が未来を変える。
その原動力は「明確な目標」です。

リハビリをしなければ、身体機能は改善しません。症状はますます悪化し、日常生活にも支障をきたす結果となるかもしれません。 逆にリハビリと運動を重ねていけば、自力で歩いたり、車を運転したりできるようになるかもしれない。旅行先でおいしい料理を堪能できるようになるかもしれない。あたりまえのように職場に復帰し、今まで以上に活躍できるかもしれない。

リハビリにおいて何よりも重要なのは、「明確な目標」を持つことです。そして、その目標を達成できるように、必要なリハビリと運動を計画的に続け、体感したリハビリ効果をバネに、さらにリハビリと運動を重ねていくことです。

そのためTACリハビリセンターでは、リハビリプログラムを開始する前にカウンセリングを行い、お客様の目標を明確化します。そして、その目標を療法士やトレーナーなどが共有し、お客様と一緒に目標の達成を目指していきます。 TACリハビリサービスのポリシーは、「オーダーメイドのマンツーマンリハビリで身体機能の改善を目指すとともに、的確な運動指導で疾病・疾患が再発しない身体づくりをサポートする」こと。
今、お身体の不調でお悩みの方は、あきらめずにご相談ください。
皆様と共に、より健やかな明日を目指してまいります。